名寄JC「なよろワクワクまちなか探検隊」、仕事体験や車両展示楽しむ

【名寄】

名寄青年会議所(長嶋泰生理事長)主催の「なよろワクワクまちなか探検隊~商店街を歩いてなよろのまちを知ろう~」が21日、名寄駅前の名よせ通り商店街、5丁目商店街で開かれた。
 同会議所まちの未来向上委員会(古家健一委員長)主幹の小学生を対象としたイベント。名寄の商店街を知ってもらい、商店街の人々との交流を通じて郷土愛を育み、名寄の魅力を知るきっかけとなることを狙い企画。
文具店、時計店、スポーツ店、コンビニなど16事業所の協力で実施。実際に商店街の店舗で仕事を体験または見学してもらうもの。
体験を終えるとスタンプ帳にスタンプが押され、4個集めると受付で景品をプレゼント。スタンプを6個、8個集めると追加で景品がもらえる内容。
多くの親子が参加し、受付でスタンプ帳を受け取った後、街並みを楽しみながら希望の店舗を訪問。
飲食店を訪れた子どもたちは、自己紹介して仕事体験。パイナップルジュースやオレンジジュースなど決まった量を混ぜ合わせるなど、実際に店舗で提供しているドリンクを作り、試飲して出来を確認するなど楽しんだ。
消防署、自衛隊、警察署の協力で働く車の展示も行われ、子どもたちが車両をバックに記念撮影、試乗する光景が見られ、親子で楽しいひとときを過ごしていた。